妊娠検査法

妊娠検査の方法

妊娠を検査するためには、一般的に妊娠検査薬を利用します。妊娠検査薬は比較的簡単に手に入ります。

妊娠検査薬の使用方法は、多くの製品の場合キャップを外してその部分に数秒間尿をかけます。直接尿をかけようとした場合は状態が固定されず、検査に失敗する可能性もあるので、紙コップなどで採尿して、そこに検査薬を浸す方法などが確実です。

妊娠検査薬で妊娠を検査する仕組みは、女性には妊娠した時のみに体内でつくられる妊娠ホルモン(hCG)というものがあり、その妊娠ホルモンが存在するかどうかを検査する方法なので、正しい方法で検査が行われた場合は99%の正確さで検査が行えます。

また、妊娠検査薬を使用する時期に関しては、生理予定日から1週間以上生理がこなかった場合が適切です。一度検査をして陰性(妊娠していない状態)でも、生理が来ない場合は期間をあけてもう一度チェックした方が良いでしょう。

妊娠した場合の妊娠ホルモンの分泌量変化

女性が妊娠した場合は、hCGホルモンの働きにより通常の月経周期とは違う状態になります。

hCHホルモンは黄体を更に発達させて、黄体ホルモンの分泌を盛んにします。また、卵胞ホルモンの分泌も上昇するので、胸が張るなどの変化がおきます。

子宮内膜は勿論はがれ落ちる事は無く、着床した受精卵を成長させていきます。

hCGホルモンは妊娠11週程で最も分泌し、その後も妊娠中はそれほど減少する事なく分泌され続けます。