子宮内避妊用具(IUD)

子宮内避妊用具(IUD)とは?

子宮の中に装置を装着する事で、人間が体内から異物を排除しようとする性質を利用し、精子が着床する事を防ぐ方法です。

入手及び装着は病院で行う必要がありますが、病院での装着のために失敗する事は少ないです。但し、月経によって自然と体外へ出てしまったり、副作用として不正出血や月経が多くなったりする事があります。また、出産経験の無い女性は使用することが出来ませんし、定期的に受診する必要があります。

避妊効果は高めではありますが、子宮内での妊娠は防げても子宮外妊娠に対しては効果が無く、感染症を引き起こしやすくなる可能性もあります。

IUDの種類

IUDにはいくつかの種類があります。

まず、もっとも開発時期が早い、第一世代のIUDリング状のものでした。長い間このリング状のIUDが使用されていたため、IUDの事を別名「避妊リング」と呼ぶ事もあります。

そして、リング状のものよりも挿入のしやすさや除去のしやすさが研究され、第二世代の開放型(魚の骨のような形)や銅の効果を利用して避妊効果を上げた銅付加タイプが開発されました。

最近では更に、薬剤を使用したIUDも開発されています。

このようにIUDは開発が進むごとに形状は小さくなり、避妊効果も上がっているため、女性の身体にかかる負担も減少してきています。

避妊具の中でも、最も実用性を中心に考えて開発がすすめられていると言えるかもしれません。