はじめに

中絶の現状

日本における中絶件数は、年間約290,000件ほどで、年々減少傾向にあります。しかし、全体的な少子化傾向にあることを考えると、人口との比率ではあまり減少しているとは言い難いかもしれません。

世界的に見ると中絶件数は年間4500万件を超えていて、そのうちの約2000万件は安全でない方法で中絶が行われているとされます。

中絶の一般的なイメージとしては、10代・20代の経済的にまだ十分でない世代が行うというものが強いですが、実際には30代・40代の女性の中絶も多く、妊娠の可能性がある女性すべてに関連する事だと言えます。

10代の頃は特に、経済的や精神的な余裕から出産にいたるよりも中絶を選ぶ事が多く、妊娠したうちの半数以上の65%ほどは中絶を選んでいます。

注意点

妊娠週の数え方
妊娠週の数え方は、最後に生理になった日を基準として考えます。つまり、通常の生理周期(28日)で妊娠した場合、最後の生理が妊娠第0週。排卵あたりが第1週、生理予定日が第4週の一日目となります。