中絶の方法

中絶可能な期間

一般的に、中絶の時期は妊娠12週程度までといわれています。
これは、胎児が妊娠12週以降になるとある程度の大きさになり、分娩と近いかたちでなければ胎児を摘出できない事と、12週目以降(または胎児の体重が500g以上)の中絶は死産としての扱いとなり、妊婦が死産届けを提出する必要が出てくるからです(12週目以前、もしくは体重が500g未満の場合は流産として扱われる)。

このため、母体保護法による規定では妊娠21週6日までは中絶を行えますが、12週以前に行われる事がほとんどとなっています。

方法

中絶方法には、薬で行うものと手術で行うものがあります。

中絶を行う際に使用する薬品はRU-486、一般的にはミフェプリストンと呼ばれる薬で、妊娠状態を維持するのに必要なプロゲステロンというホルモンの作用を強制的に止めることで、流産を引き起こさせるものです。

使用可能な時期としては妊娠後49日以内で、子宮外妊娠やその他の場合は利用できません。

この薬品は2004年には個人での譲渡・販売が禁止されていて、医師の処方に基づいた場合にのみ利用することが可能となりました。

また、妊娠12週目以降の中絶の場合、プレグラディン(プロスタグランジン製剤)という薬を使用して人口的に陣痛を起こし、分娩と同様の方法を用います。(詳細は手術の項目)

手術による方法は、妊娠初期(12週以前)と中期(12週以降)で異なります。これは胎児の大きさがどの程度かによって、簡単な手術で行える場合と分娩と同様の方法で行う場合が分かれるからです。

薬による方法での成功率は92〜95%ほどといわれていて、母体の状態によりまれに多量出血などが発生し、手術が必要になる場合もあります。薬の副作用も強く、数時間から数日は腹痛、出欠、吐き気などの症状を伴います。

手術による方法は成功率はほぼ100%で、薬ほどの辛さはないといえます。ただし、費用などの面では薬よりも高めです。